Sleep Cycle alarm clock 115円

浅い眠りの時を狙って起こしてくれるアプリです。気になったので買ってみました。

浅い眠りの時に起こされると気持ちよく目覚めることができます。

どういった仕組みになっているのかと言うと、iPhoneに備わっている加速度センサーというものを活用します。

寝返りなどの、ベッド上の僅かな揺れを察知して、それを元に深い眠り、浅い眠りを見分けるという仕組みです。


ちゃんと"揺れ"を察知できているのかテストすることができるので、やってみます。
Sleep Cycle alarm clock

ベッドか布団のうえにiPhoneを置いて、緑色のスタートボタンをタップ。

そして、ベッドを軽く叩きます。

右下の緑色の丸いボタンが光ったら、察知成功です。僅かな揺れも察知されました。


次にメロディを設定。

リラックス効果のありそうなメロディが8曲と、「チチチチ..チチチチ..」という普通の目覚ましメロディが1曲入っていました。

iPodにある音楽を目覚ましメロディにすることも可能。

内蔵してるメロディのボリュームは、わりと小さいので、こんなので目覚めることができるのかと不安になりましたが、浅い眠りを狙ってメロディが鳴るので、デカい音で起きれない僕でも普通に起きることができました!


起きる時間を設定して、スタート
気持ちよく目覚める


6:30に設定すると、浅い眠りを狙うので、6:00~6:30の間に目覚ましコールが鳴るように設定されます。

2度寝してしまうというレビューが多いのはこのためで、いつもより早く起きてしまうので、まだ余裕があると思って2度寝してしまうのでしょう。


僕もいつもより10分早く起きてしまったので、快適に目覚めることはできたものの2度寝してしまいました。

2日試しましたが、2日とも2度寝したあとの寝起きも快適でした。

いつも30分に起きてから2度寝して35分くらいに起きていましたが、このアプリを使うことにより、少し早めに起きてから2度寝して、30分に起きることができるようになったので良かったです。

できれば明日からは2度寝しないで余裕を持った朝を迎えたいものです。

ちなみに二度寝をしてもホームボタンを押して、アラームを止めなければ自然とメロディが消え、また7分や3分毎に起こしにきてくれます。



解析画面
起きれる目覚ましアプリ

就寝、起床、睡眠、平均睡眠時間を見ることができました。

グラフから、いつ頃が浅い眠りか深い眠りかを調べることができるので面白いです。

この頃地震が多いので、そのせいでグラフに影響がでてきているような気がしました。



このアプリの使い方をおさらい

1,目覚ましメロディを決める

2,起床時間を設定し、スタートをタップ。※ボリュームを最大にします

3,充電をしたまま、iPhoneを枕の斜め上辺りにうつ伏せで置いておく。

4,就寝

このようなやり方です。今更ですが、iPod touchでも使えます。



このアプリで耳に刺さる音で起こされる朝から逃れることが可能。柔らかいメロディで気持ちよく目覚めることができました。


iPhone アプリ おすすめ